早乙女選手ひたかくす サトルは確かに強いな 96話 感想 ネタバレ

早乙女選手ひたかくす96話「早乙女選手、送り出す」は、2019年1月7日発売のスピリッツ2018年6号に掲載されています。

試合前に早朝からランニングする若乃真帆。

その真帆のもとにやってくる八重とサトル。

社会人の部に出場する真帆の激励に来たのかな?

珍しく八重がミットをはめている。

サトルの試合のために今日は八重がミットを持つようだ。

シャドーをしているサトルを見て、真帆がサトルは強いという。

公式戦0勝なのにボクシングを続けている。

個人競技の敗北は自身の才能と努力の否定。

それを否定されながらもボクシングを続けるサトルは強い。

なるほどと思った。

確かにそうだよな。

勝つ喜びがあるから続けれる。

サトルは公式戦で一度も勝利したことがない。

しかも自分を否定するような敗戦を何度も経験しているのだろう。

それなのにボクシングをやめない。

次の試合のために練習を続けている。

サトルは確かに強い。

真帆の言葉でこのことに気付かされた。

恋人である八重は当然サトルの強さに気づいていたけどね。

お似合いだねこの二人はやはり。

そして社会人の部に出場する真帆の初戦の相手は、アマチュア界絶対最強…社会人王者「花見籠目」。

観客が初戦から事実上の決勝戦というのもわかるカードだ。

籠目って八重も瞬殺するような強さだったよね。

真帆に勝ち目はるんだろうか。

そんな心配になる。

今回の96話は真帆と籠目の試合前で終わり。

次回の97話が気になるところだけど、掲載されるのは1月12日発売の7号だそうだ。

月曜日が祝日の関係でスピリッツの発売日が土曜日になるのか。

忘れるところだった。

来週号のスピリッツはアオアシは休載だから、早乙女選手ひたかくすは掲載されてよかった。

スピリッツは定期的に休載があるから、ひどいときは休載作品が多すぎて全然読むものがないときがある。

97話は1月12日に読めることを覚えておこう。

コメント